EDは治療可能

現在では症状の大小にかかわらず、日本の成人男性の約4人に1人がEDに関する悩みを抱えていると言われています。

つまり、日本の成人男性の実に約8割がEDに関するなんらかの悩みを抱えていることになるのです。

先進諸国の男性の約1割がEDだと言われていますから、日本人の男性がいかにEDにかかりやすいのかがわかりますよね。

以前、EDは加齢が要因で中高年の病気という印象でしたが、いまでは20代から30代にかけての若年齢層に多いことから年齢に関係なく男性であれば誰にでもかかり得る病気であると考えられています。

ただ、現在ではほとんどのEDが治すことができる病気とされています。

ED治療の際に使用されるのは、バイアグラ、レビトラ、シアリスの主にこの3種類のED治療薬です。

バイアグラは最古の治療薬にもかかわらず、10年以上経つ現在でも人気は最も高いです。

第2の治療薬として販売されたのがレビトラです。

最大の特徴は服用後15分から30分で効果が現れる即効性です。

そして最新の治療薬がシアリスです。

最長で36時間という効果時間と食事の影響を受けにくいという特徴を持ち、服用のタイミングなどを気にせず気楽に使用できる治療薬として現在高い人気を誇ります。